ポケベルによる情報送信

ホーム
mgetty設定
FAXの送受信
voice設定
DTMFで遠隔操作
ポケベル送信

T-Saitoh

モデムからのポケベルへの文字伝送

FAXや音声データの着信を素早く伝えるために、 ポケベルで通知することが出来る。

実際の利用では、ポケベルを利用する人は少いであろう。 しかしながら、携帯電話やPHSの ショートメッセージ/Pメール/ベルTELによって 通知して欲しいというのは多いであろう。
私の場合は、SANYO PHS J70 のベルTEL機能 (端末に直接DTMFコードでメッセージを送る機能) により通知を受けるように設定している。

pager_spool

入力もしくは引数の「ひらがな」,「英数字」をポケベルコードに変換し、 kermitのコマンドファイルを生成し、 スプールする。 実際に電話をかける処理は、pager_send が行う。

送信スプールと実際の送信を別コマンドとしたのは、 dtmf_control実行中はモデムが使用中なので、 dtmf_controlの処理が終了しモデムが開放されてから pager_sendにより文字伝送をさせるため。

電話番号としては、

  • 直接ポケベルを呼び出す、 0xx-xxxx-xxxx という形式、
  • ISDNからベルTELでメッセージを送る [ipas]070-xxxx-xxxx という形式、
  • DDIの Pメール をセンター経由で送る [ddi070-yyyy-yyyy]070-xxxx-xxxx という形式、
    070-yyyy-yyyyの部分が、Pメール発送センターの電話番号
をサポートしている。


pager_send

pager_spoolにより作られた、 kermitのコマンドファイルを 起動する。
このプログラムは、 crontabもしくは ユーザがatで登録したpager_send から呼び出される。

crontab への設定例
# su
# crontab -e

5,20,35,50 * * * * /etc/mgetty/pager_send 

pager_decode

DTMFによるサーバの遠隔操作にて、 ポケベルコードを通常の英数字/かなに 変換する。


◎ [ T-Saitoh電子情報福井高専 ]